スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

東大和市T様邸3

今日は屋根塗装の工程をご紹介します。

高圧洗浄が終わった後、屋根を乾燥させます。
(その間は各所のビニール養生や錆止め等、外壁塗装にからむ作業を行ないます。)


写真1704-01
そして屋根の板金部分に金属用のプライマーを塗布していきます。
T様邸もヌリヨネ塗装サービスの定番となりました遮熱塗料での施工となりますので、金属部分も白系のプライマーとなります。

写真1704-02
次に屋根材部分に浸透形のプライマーを塗布します。
築年数が経過し屋根材の劣化が進んでいる場合は、基材への吸い込みがありますのでプライマーを2回以上塗布するようにしています。

写真1704-03
2回目は白色系の遮熱用プライマーです。

写真1704-04
プライマー塗布完了です。
一旦、全て白色系の屋根になります。

塗り替えは1級塗装技能士の店!!ヌリヨネ塗装サービスにお任せ下さい。

横浜市O様邸4

O様邸の屋根塗装、タスペーサー挿入の後は上塗りの1回目です。

スレート瓦部分は雨に降られて濡れてしまう前に上塗りの1回目まで終わらせたいと考えていますので、天気を気にしながら作業を進める事になります。
特に夏場は夕立やゲリラ豪雨が突然襲ってくるので注意が必要となります。


写真1609-05

という訳で板金部分は後回しとして、スレート部分だけを先に塗りました。

その後は板金部分を塗り、再度縁切りを行ない、上塗りの2回目を塗布します。
なぜか丁度、この夏一番の暑かった日に上塗りの2回目を行なう事になってしまいました。


写真1609-06

麦茶、スポーツドリンク、アイス、保冷材で体を冷やし、なんとか暑さを乗り切りながら仕上げた屋根塗装、この夏の一つの思い出です。

相談・お見積りは無料!ヌリヨネ塗装サービスにお気軽にご連絡下さい。

横浜市O様邸3

9月になりました。
まだまだ残暑は厳しいですが、時折心地良い風が通り抜けふっと秋を感じます。

さて、ご紹介が遅れてしまっておりますO様邸の続きをもう少し。

屋根はヌリヨネの定番、遮熱塗料での塗装です。
「新・39キャンペーン」の特別サービスで「シーラー1工程無料追加!」なので屋根は4回塗り仕上げとなります。


写真1609-01

板金部分に金属プライマーを塗布した後にまずは1回目の浸透系シーラーの塗布作業です。
やはり吸い込みが多いのでこれだけではまだ足りません。


写真1609-02

次は遮熱用のシーラーです。
下塗り層からも赤外線を反射するために白色をしています。


写真1609-03

シーラーが乾いたら縁切り部材タスペーサーの挿入です。
何度も書いてきましたが、雨漏り防止の観点からタスペーサーの挿入は必須です。

相談・お見積りは無料!ヌリヨネ塗装サービスにお気軽にご連絡下さい。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

代表の米澤

Author:代表の米澤
1級塗装技能士/雨漏り診断士

ヌリヨネ塗装サービス
東京都小平市を拠点に近県の
工事をお受け致します。


ヌリヨネHPへ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。