梅雨の屋上防水2

年は雨の多い梅雨となりました。
写真1907-01
昨年の梅雨明けが早かったため、今年の梅雨は長く雨が多かったように感じてしまいます。
そんな雨の多い梅雨空の下、前回のブログでは雨漏り関連で屋上防水の現場に入っているとご紹介いたしましたが、やはり思っていた以上に工期が掛かってしまいました。

特に平場の施工は雨に打たれないよう慎重に進めなくてはならないので、天気予報を確認しながら「やるのか?やらないのか?」 を判断しなければならず、その時はまだ降ってはいないが中止にせざるを得ないという日が何日かありました。

そうしてようやくトップコートまで進み、
写真1907-02
写真1907-03
養生テープを外したり室外機を復旧したり、残りの作業を終わらせて昇降足場の解体、施工完了となったのが今月の2週目、約一月の工事となってしまいました。

次の現場でも屋上ドレンの改修工事となり、この時期に防水工事が続く事になりました。

天気予報によると、関東ではそろそろ梅雨明けの発表がありそうです。
ミンミンゼミも鳴きだしました。

雨漏りかなぁ?と思ったら! 雨漏り110番小平店=ヌリヨネ塗装サービスにご連絡下さい。

梅雨の屋上防水

のところの数日は梅雨らしく、雨の日が続いております。
写真1906-06
ただいま工事中の現場は雨漏り関連の現場で、屋上のウレタン防水を行っています。

シーリングやモルタルでの下地処理を終えて、
写真1906-07

シーラー塗布、
写真1906-08

通気緩衝シート貼り、脱気筒や改修用ドレンの設置、
写真1906-09

立ち上がり部分の主材塗布と作業を進めて、
写真1906-10

ようやく平場の主材に取り掛かっているところです。
写真1906-11

幸いここまでの仕事で雨漏りは治まっているようですが、雨が続きますと私達の仕事はストップせざるを得ない状況になりまして、この現場もなかなかこの先に進めません。

2019年も半分が過ぎようとしています。
明日からの後半戦、気持ちを立て直して「頑張るぞ!」と思っておりますが、明日の天気もなかなか読めない微妙な空模様になりそうです。

雨漏りかなぁ?と思ったら! 雨漏り110番小平店=ヌリヨネ塗装サービスにご連絡下さい。

正月事始め

う12月も中旬になりました。写真1712-01
伝統的には本日12月13日が新年を迎える準備を開始する日そうで、家の内外を清掃する年中行事「煤払い」を行います。現代では囲炉裏が無くなったため煤を払うことはありませんが、歳末の大掃除を行う日ということになるのでしょう。
また松飾り用の松の枝を山にとりに行く「松迎え」もこの日に行うそうです。

ヌリヨネはと言いますとお正月の準備はまだ先の話し、今月も雨漏り110番グループの仕事で忙しく動いています。今月は屋上のウレタン防水を行いました。

まずは下地処理。
写真1712-02
通気緩衝シート張り。
写真1712-03
立上りの施工。
写真1712-04
トップコート塗布。
写真1712-05
毎年年末はバタバタしてしまいます。残り2週間も慌ただしい日々が続く事でしょう。
正月事始めの今日、来年に向けた準備を何か一つやってみようと思います。

相談・お見積りは無料!ヌリヨネ塗装サービスにお気軽にご連絡下さい。


東大和市T様邸8

今日はまだご紹介していなかったバルコニー防水についてです。

写真1704-19

既存のFRP防水はところどころトップコートがひび割れ、剥離しているところもありました。
それですぐに雨漏りにつながる訳ではありませんが、しっかりと直しておきたいところです。

作業はまず、高圧洗浄時にしっかり洗っておいた防水表面のケレン作業からです。
浮いている塗膜を剥がし、ペーパー掛けを行い清掃します。

写真1704-20
ケレン清掃後にプライマーを塗布し、樹脂層でガラスマットを挟み敷きこんでいきます。

写真1704-21
もう一層樹脂を塗布した後にトップコートを塗布し、バルコニーのFRP防水改修工事が完了となります。

写真1704-22
防水層からの再施工となりますので美観の美しさだけでなく、防水機能に関しても安心出来る工事といえます。

塗り替えは1級塗装技能士の店!!ヌリヨネ塗装サービスにお任せ下さい。

調布市A様邸9

7月に施工しておりましたA様邸は部分的に足場を解体した後に、防水工事の関係で飛び石的に8月の初め頃まで継続しておりました。

足場組立て工事の前準備の際に軒先の水滴に気付いたのでバルコニーを確認すると、どうやらドレン周りから防水層の下に水が回ってしまっているようで、下地の木部から手直ししなければならない可能性が出てきたのです。


写真1608-03

急な追加工事の話で施主様にはご迷惑をお掛け致しましたが、状況をご説明し部分的な大工工事から防水工事を行なう事になりました。


写真1608-04

下地の木工事後にFRP専用のドレンを付け直して再施工を行ないました。


写真1608-05

ドレンと防水層が一体化されました。


写真1608-06

FRP防水の再施工、完了です。

これで安心してバルコニーをお使いいただけます。

相談・お見積りは無料!ヌリヨネ塗装サービスにお気軽にご連絡下さい。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

代表の米澤

Author:代表の米澤
1級塗装技能士/雨漏り診断士

ヌリヨネ塗装サービス
東京都小平市を拠点に近県の
工事をお受け致します。


ヌリヨネHPへ

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR