小平市A様邸8

小平市のA様邸、工事完了致しました。

施主様の選択された2色の塗り分けに、サッシや樋の黒が全体を引き締めるアクセントとなり、はっきりした存在感のある仕上がりになりました。

写真1408-17

近いうちにホームページでも工事の内容をご紹介させていただきます。
ありがとうございました。

相談・お見積りは無料!ヌリヨネ塗装サービスにお気軽にご連絡下さい。

小平市A様邸7

今日はA様邸の足場解体でした。

写真1408-15

昨日までに雨戸の吹付けや残りの作業を施工して、その後に手直し箇所は無いか、掃除が出来ていないところは無いかと何度も足場上をグルグルと回り、ようやく解体の日を迎えました。


写真1408-16

解体を終えた後、もう一度1階の手直しと清掃を行い全ての作業が終了となりました。

小平市A様邸4

昨日は立秋、暦の上では秋になりました。

とはいえまだまだ暑い日が続きますので、熱中症にならぬよう水分や塩分の補給に気を配りながら頑張らねばなりません。

さて、A様邸の作業は外壁塗装に入りました。
この度の仕様も下塗りを砂骨ローラーで塗布する工法です。

写真1408-10

普通のローラーで塗った時と比べて下塗り材(微弾性フィラー)を倍以上塗布することが出来ますので、既存下地の劣化が進んでいる場合やひび割れが多い壁にはお勧めです。

下塗り材1缶当たり約15㎡が標準的な塗布量になります。普通のローラーですと1缶で30~60㎡位の塗布量になります。
また新しく波型の模様が付きますので下地補修の跡も目立ちにくくなります。


下塗りが終了しましたらしっかりと乾燥させ、次は上塗りの1回目です。

写真1408-11

上塗りは同じ材料を2回塗ります。
工程管理のため上塗りの1回目と2回目で違う色を塗る場合もありますが、本来は同じ色を2回塗る方が美しい仕上がりを得られます。

相談・お見積りは無料!ヌリヨネ塗装サービスにお気軽にご連絡下さい。

小平市A様邸3

本日も屋根塗装作業のご紹介です。

写真1408-07

タスペーサーの挿入が終わりましたら上塗りの1回目を塗布します。


写真1408-08

そしてもう1回上塗りを塗布して完了となります。

この度は一日一工程で進めてまいりましたので、土曜日に1回目、本日は2回目という流れで作業を行ないました。
塗装作業では工程間の間隔も重要になります。


写真1408-09

屋根塗装、完了です。

相談・お見積りは無料!ヌリヨネ塗装サービスにお気軽にご連絡下さい。

小平市A様邸2

A様邸の作業は下地補修やシーリングを終えた後、高圧洗浄作業を行い、今週はビニール養生作業から始まりました。

写真1408-01

いつものように玄関先は、お客様が滑ってしまわれないように特に念入りに養生しました。


昨日からは屋根塗装の工程に入りました。

写真1408-02

まずは屋根に付随する棟板金や谷板金、螻羽、唐草、雪止め等の金属部分に錆止めを塗布します。この度の仕様は遮熱塗料なので錆止めも専用の金属用遮熱プライマーを使用します。

写真1408-03

次に下塗りなのですが、屋根材の劣化が進んでしまっておりましたので、下塗り(シーラー)が1回ではおさまりません。
まずは透明な浸透シーラーを塗り、その後に遮熱専用のプライマーを塗布しました。

写真1408-04

築12年位過ぎたお家の薄型スレート屋根の塗り替えでは、シーラー(プライマー)の2回塗りが必要になってきます。(屋根材の種類や劣化の状況よりますので絶対ではありませんが、しっかりと説明しご提案したいと思います。)

下塗りが終わりましたら縁切り部材タスペーサーの挿入です。

写真1408-05

薄型スレート屋根の塗り替えではタスペーサー挿入による縁切りは必須と考えています。


暑い日が続く中での屋根の塗り替えはかなり大変ですが、雨が降ってしまう前に塗りきりたいと思います。
夕方から夜にかけて雷雨が降らないよう祈ります。

ただいま39%OFFキャンペーン中!!ヌリヨネ塗装サービスにお気軽にご連絡下さい。

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

代表の米澤

Author:代表の米澤
1級塗装技能士/雨漏り診断士

ヌリヨネ塗装サービス
東京都小平市を拠点に近県の
工事をお受け致します。


ヌリヨネHPへ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR