スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小平市I様邸6

小平市のI様邸塗装工事、いよいよ本日足場解体作業となりました。

足場業者さんが手際よく解体を進めてくれたので13時前には完了しました。


写真1502-05


午後からは足場解体後に予定していた物置の移動と物置裏の外塀下塗り作業を行ないました。

写真1502-06

長らくお待たせしておりますがもう少しで完了となります。

塗り替えは1級技能士の店!!ヌリヨネ塗装サービスにお気軽にご連絡下さい。

スポンサーサイト

小平市I様邸5

雨や雪の影響で工期が延びてしまっておりますが、ようやく外壁の上塗りや附帯部分の塗装が終了しました。

写真1502-03

写真1502-04

この後は残りの2面の塗装作業となります。

一度に東西南北の4面を施工すると全ての窓を塞いでしまう事になり、お家の中で生活されているお客様が息苦しく感じてしまうので通常2面ごとの施工を心掛けています。

塗り替えは1級技能士の店!!ヌリヨネ塗装サービスにお気軽にご連絡下さい。

小平市I様邸4

昨日は立春、暦の上では「」となりました。

春となりましたが、今日は雪が降り現場作業は中止、このまま明日の未明まで降り続き東京でも10㎝の積雪が予想されています。
気温も上がらず寒い日になりそうです。

現場の進捗状況は外壁のクラック補修を終えて、下塗り作業に入ったところです。

既存リシン壁に対して砂骨ローラーでの微弾性フィラー厚付けの仕様はこのところの定番で、リシン壁のザラザラとしたテクスチャーを変えたいと思っているお客様に喜ばれています。

下塗り材の厚付けはもろくなっている既存下地の保護に加え、上塗り材の発色が良くなるというメリットがあり、新たな波型模様の凸凹パターンが付くのでクラック補修の跡が目立ちにくくもなります。


写真1502-01

傷んでしまった外壁は当然補修しなければなりませんが、だからと言って傷跡だらけではせっかく外壁をキレイに塗装しても満足出来ません。


写真1502-02

出来る限り補修跡は目立たせたくないと思っていますので、外壁にクラックが発生しているお宅には下塗り材の厚付け仕様をお勧めし施工しています。

2週続けての雪となり予定より工期が掛かってしまっておりますが、少しでも早く足場解体・工事完了となるよう努力しますのでもう少々お待ち下さい。

塗り替えは1級技能士の店!!ヌリヨネ塗装サービスにお気軽にご連絡下さい。

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

代表の米澤

Author:代表の米澤
1級塗装技能士/雨漏り診断士

ヌリヨネ塗装サービス
東京都小平市を拠点に近県の
工事をお受け致します。


ヌリヨネHPへ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。