スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調布市A様邸1

先週の土曜日25日より調布市A様邸の外部改修工事が始まりました。

初日には足場架設に先立って、裏の勝手口前の使われずに傷んでしまっているデッキを解体しました。


写真1606-43

雨掛りの場所にある為に一部が腐り落ちていて、このまま足場を建てるのは危険です。


写真1606-44

ビスも錆付き回らなくなっていて、思っていた以上に手間取りました。


写真1606-45

これで足場が建てられます。

そして昨日は足場の組立て作業、いつもながら足場業者さんの手際の良さに感心します。


写真1606-46

この度も屋根の勾配が少し急なので屋根にも足場を組んでもらいました。


写真1606-47

A様これから約3・4週間、ご不便をお掛け致しますがどうぞ宜しくお願い致します。

塗り替えは1級塗装技能士の店!!ヌリヨネ塗装サービスにお任せ下さい。
スポンサーサイト

国立市U様邸12

国立市U様邸の工事をもう少しご紹介致します。

足場組立てが完了した翌日、各所の点検をしたところ下から見ていただけでは気が付かなかった傷みの激しい箇所がありビックリしました。


写真1606-35

どうやら太陽熱温水器やアンテナを固定するために張られた針金を直接ボルトで破風板にねじ込んでいるために雨水が伝わりボードを劣化させているようです。
こうした箇所の補修をするにはどうしてこの様に劣化したのかという原因を考える事が重要です。
原因箇所を処置しないで表面的に補修したとしても、いつかまた同じように傷んできてしまうからです。


写真1606-36

原因と考えられるボルト周りはシーリング処理して水が回らないようにしてからパテなどで成形しこのように補修しました。だいぶ元の形に近付いたと思います。


写真1606-37

不要となっていた換気扇のカバーは撤去し、


写真1606-38

砂骨ローラーで肌合わせを行ない補修。


写真1606-39

足場解体後はお家の周りを清掃し、作業完了です。



写真1606-40

施工前のU様邸


写真1606-41

数々のシミュレーションを重ねて色を決め


写真1606-42

工事完了となりました。

塗り替えは1級塗装技能士の店!!ヌリヨネ塗装サービスにお任せ下さい。

国立市U様邸11

国立市U様邸は昨日の足場解体、そして本日は施主様に立会いいただき、工事の完了を確認致しました。

工事は完了致しましたが、まだブログにUP出来ていない工事がありますので少しご紹介致します。


写真1606-30

パリパリとトップコートが剥がれてしまっていたバルコニーの床防水、工事前から施主様が特に気にされていた箇所です。
FRP防水は表面の浮いているトップコートを剥がし、目粗し、清掃後にプライマー塗布、


写真1606-31

写真1606-32

FRP樹脂で挟み込むようにガラスマットを敷き込み、再度FRP樹脂を塗布、


写真1606-33

ペーパー掛けして表面を目粗しし整えた後、トップコートを塗布する改修工法で完了となります。


写真1606-34

トップコートの塗り替えという改修もありますが、必要な時期に必要な改修を行なう事はとても大切なことです。
お家の塗り替えの際にはFRP防水の再施工をお勧めしております。

塗り替えは1級塗装技能士の店!!ヌリヨネ塗装サービスにお任せ下さい。

国立市U様邸9

今日は梅雨らしい雨  の一日となりました。
当然、現場作業は中止となりましたが、今日は先週の作業を少しUPしたいと思います。

まずは上塗り1回目まで終了していた屋根塗装についてです。

タスペーサーの挿入でスレート瓦どうしの重なりに隙間を作ってありますが、塗装するとどうしても塗料でくっついてしまう箇所が出来てしまいます。


写真1606-21

そこで最終的な仕上げ工程(上塗り2回目)に入る前もう一度縁切りを行ないます。


写真1606-22

写真1606-23

縁切りを行なった後はなるべく瓦の隙間に塗料が入り込まないように注意しながら刷毛とローラーで仕上げの塗装を行ないます。


写真1606-24

洗浄後にパサパサになっていた屋根が・・・


写真1606-25

浸透性シーラー、遮熱専用シーラー、上塗り1回目、2回目の計4回塗り
こんなにも綺麗に生まれ変わりました。

塗り替えは1級塗装技能士の店!!ヌリヨネ塗装サービスにお任せ下さい。

国立市U様邸8

外壁塗装、下地補修の後はいよいよ下塗りです。


写真1606-17

この度は外壁も4工程でご提案しましたので、まずはシーラーの塗布作業となります。


写真1606-18

そしてシーリング部分に微弾性フィラーを一層増し塗りしたり、


写真1606-19

補修箇所のパターン復旧を行なったりしたのちに、


写真1606-20

フィラーの中塗りを行ないます。
(通常はシーラーレスで塗装する事が多いのでフィラーが下塗りと呼ばれますが、この度はシーラーを塗布しましたのであえてフィラーを中塗りと表現します)

フィラーはしっかりと覆い尽くすように塗布する事が大切です。

塗り替えは1級塗装技能士の店!!ヌリヨネ塗装サービスにお任せ下さい。

国立市U様邸7

塗装日和だった先週から一転、今週は関東でも梅雨入りしハッキリとしない天気が続いています。

本日も朝は霧雨が降り続いていたため一旦作業中止の判断をしたのですが、「どうやら午後は大丈夫そうだなぁ」と判断し現場へ向かう事にしました。
週間の天気予報では来週はさらに天気が不安定な日が続きそうなので、雨が止んだならば少しでも工事を進めておきたいと思ったのです。


写真1606-14

さて、外壁塗装の工程はまず下地の補修です。


写真1606-15

軒や破風の補修も同時に行ないます。


写真1606-16

施主様からは「塗るまでに時間が掛かるのですね」とのお言葉を掛けられました。

そうなのです。
塗るまでに色々とすることがあり、その準備段階をどれだけ行なうかで工事の質が変わってきます。

十何年かに一度の工事です。
足場があるうちに出来る事を一つひとつ丁寧に重ねていくことで、より良い仕上がりより良い工事へ繋がっていくのです。

塗り替えは1級塗装技能士の店!!ヌリヨネ塗装サービスにお任せ下さい。

国立市U様邸6

屋根塗装の続きをお話します。

屋根材の劣化が進んでしまっている時はシーラーを2回塗りします。
状況によりますが築12年以上になりますとシーラーの2回塗りが必要になってきます。


写真1606-09

まずは浸透力の高い透明なシーラーを塗布します。


写真1606-10

塗ったばかりの時は濡れ色になりますが、すぐに吸い込まれてしまい、乾くと塗る前のようにパサパサした感じになり表面にあまりシーラー成分が残っていない事が分かるかと思います。


写真1606-11

2回目のシーラーは遮熱用の白色のシーラーです。
下地に一層透明シーラーを塗布したことで屋根材を白色に被せる事が出来ました。


写真1606-12

シーラーが乾きましたら屋根の縁切り部材タスペーサーの挿入です。
何度も書いてきたことですが、薄型スレート瓦の塗り替えにタスペーサーの挿入は必須の工程だと考えています。


写真1606-13

そして上塗り、1回目の塗布作業となります。

今週は天気に恵まれ、絶好の屋根塗装日和でした。

塗り替えは1級塗装技能士の店!!ヌリヨネ塗装サービスにお任せ下さい。

国立市U様邸5

本日からは屋根塗装工事に入りました。

屋根には各所板金部分があり、まずはその板金部分の下塗りからです。


写真1606-04

板金を止めている釘が浮いている箇所は叩いて締め直します。


写真1606-05

そしてペーパー等(マジックロン)で目粗し、清掃を行ないます。
目粗し、清掃作業のことをケレンと言います。


写真1606-06

ケレンを終えて、金属プライマー(錆止め)の塗布作業です。


写真1606-07

写真1606-08

軒先の金属部分(唐草板金)や雪止めにもプライマーを塗布します。

塗り替えは1級塗装技能士の店!!ヌリヨネ塗装サービスにお任せ下さい。

国立市U様邸4

基礎コンクリートのジャンカです。豆板(まめいた)とも言います。

写真1606-01

コンクリート打設時の締め固め不足等が原因で起こります。ジャンカは水が染み込み易く、コンクリート中の鉄筋を錆させ爆裂を起こすことがあります。


写真1606-02

こちらはその爆裂が起こり、コンクリートが浮いてしまった箇所です。



写真1606-03

軽量のエポキシ樹脂モルタルで補修しました。

塗り替えは1級塗装技能士の店!!ヌリヨネ塗装サービスにお任せ下さい。

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

代表の米澤

Author:代表の米澤
1級塗装技能士/雨漏り診断士

ヌリヨネ塗装サービス
東京都小平市を拠点に近県の
工事をお受け致します。


ヌリヨネHPへ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。