スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京の初雪2016

写真1611-17

季節は 小雪(しょうせつ) に入りました。
寒さが進み、少しずつ雪が降り始める頃のことなのですが、昨日の天気予報で雪マークが付いていても、東京で11月に雪が積もることはないと思っていました。

朝目が覚めた頃はまだ雨が降っていたのですが、気が付くと予報通り雪に変わっていて驚きました。

なんと東京で11月の初雪は54年ぶりの事だそうです。
それもチラチラと降る程度ではなく少し積もる程の降り具合、都心での積雪となると観測史上初の事になるそうです。

東京で積雪があると交通にも大きな影響がでてしまいます。
明日以降の仕事に影響が残らないことを祈ります。

塗り替えは1級塗装技能士の店!!ヌリヨネ塗装サービスにお任せ下さい。
スポンサーサイト

小平市Oハイツ5

写真1611-13
Oハイツの外部鉄骨階段の完了写真です。

写真1611-14
施工前は階段裏に水が回っていましたので、階段の踏み面と鉄部の取り合いにシーリング処理を行ない雨水の浸入を防ぎます。

写真1611-15
踏み面にはウレタン防水材のトップコートを施工します。

写真1611-16
外していた滑り止め金物を復旧し、工事完了となります。

塗り替えは1級塗装技能士の店!!ヌリヨネ塗装サービスにお任せ下さい。

小平市Oハイツ4

鉄骨階段塗装の続きです。
写真1611-10

下地処理が終わったら上塗り作業になります。

この度の上塗り材は弱溶剤系2液形シリコン樹脂塗料を使いました。
数年前まではまだウレタン樹脂塗料が主流でしたが、今はシリコン樹脂塗料が主役の座を奪った感があります。
写真1611-11
ローラーや刷毛を使用して塗装します。

上塗りは2回塗りが基本です。
写真1611-12
この度は工程確認のため上塗りの1回目と2回目で少し色を変えました。(色変えをすると塗り残しがわかり易くなります)

塗り替えは1級塗装技能士の店!!ヌリヨネ塗装サービスにお任せ下さい。

小平市Oハイツ3

ケレン作業の後は錆止めです。
写真1611-08
刷毛とローラーを使って塗装します。
錆止めと言うと「赤さび色」を思い浮かべるかもしれませんが、他に白やグレー等の色も用意されています。
写真1611-09

この度はグレーの錆止めを使用しました。

錆止めの後は下地の状態をもう一度見直して、まだ浮いているところがあれば再度ケレンをしたり、段差調整のためにパテ処理を行なったりして、その部分に再度錆止めをタッチアップし下地処理が完了となります。

塗り替えは1級塗装技能士の店!!ヌリヨネ塗装サービスにお任せ下さい。

小平市Oハイツ2

鉄骨階段塗装の続きです。
写真1611-05
塗装工事では塗装前の下地処理がとても重要になります。
特に鉄部塗装では汚れやサビ、付着物や旧塗膜等を除去する作業をしっかりと行なう必要があり、この清浄作業の事を 「ケレン」 と呼びます。

「ケレン」の語源は英語のcleanだと言われています。
文明開化の頃、日本にペンキが入ってきて、欧米の職人たちが「クリーン」と発音したものが当時の日本人には「ケレン」と聞こえて使われるようになったとの事です。
写真1611-06
ディスクサンダー等の電動工具やスクレイパー、カッター、皮すき等の手工具を使い浮いてしまった塗膜やサビを除去していきます。
写真1611-07
しっかりと下地処理をしていなければ、いくら良い塗料を塗っても効果が発揮出来ません。
塗装工事におきましてケレン作業は塗る以上に重要で大変な作業なのです。

塗り替えは1級塗装技能士の店!!ヌリヨネ塗装サービスにお任せ下さい。

小平市Oハイツ1

季節は立冬に入り暦の上ではもう冬になりました。

「ずーっと暑くて(夏)、いきなり寒い(冬)」という感じに季節が移ろい、その狭間で短い秋が過ぎてしまったように思えます。

さてブログの方は少し季節を戻って、10月に施工した集合住宅の鉄骨階段塗装をご紹介致します。

写真1611-01
外部の鉄骨階段は風雨にさらされる環境にあるため劣化し易いので、本来ならばこまめなメンテナンスが必要になります。

写真1611-02
こちらの階段でもいたるところで錆が発生し、塗膜が剥がれていました。

写真1611-03
階段の裏には水が廻ってしまっている状況でした。

階段滑り止めの金物の下から雨水が浸入しているのだと思われますので、まずは金物の撤去から始めました。

写真1611-04
前回の施工で踏み面に防水を施しているようなのですが、金物は外さなかったようで金物の下には塗膜がありませんでした。これでは雨水が浸み込んでしまいます。

本来ならばビス穴も開けたくはないのですが、この度は金物の交換は行なわないため、シーリング材によって止水処理を行ないました。

相談・お見積りは無料!ヌリヨネ塗装サービスにお気軽にご連絡下さい。

カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

代表の米澤

Author:代表の米澤
1級塗装技能士/雨漏り診断士

ヌリヨネ塗装サービス
東京都小平市を拠点に近県の
工事をお受け致します。


ヌリヨネHPへ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。