小平市N様邸3

昨日、今日の二日間で 屋根塗装 を行いました。

まずはシーラーを塗布します。屋根材の劣化状況によって、シーラーの塗布量は大きく変わってしまいます。
今回は吸い込みが多かった為、規定量の1.5倍以上の材料を使いました。

写真1303-06 写真1303-07

シーラーを塗布した後に縁切り部材タスペーサーを挿入します。
屋根材と屋根材の重なり部分が塗料でふさがれてしまうと、屋根材の裏側に入った雨水が排出されにくくなり下地材が腐朽してしまう事があります。そうならないためにしっかりと縁切りを行う必要があり、タスペーサーの挿入は非常に有効な手段の一つです。

タスペーサー挿入後に上塗りの1回目を行います。
雨が降る可能性がある場合や夜露で屋根が濡れてしまう場合は、屋根材が直接、雨(水分)を吸い込んでしまわないように一日で上塗り1回目まで終わらせておく必要があります。

写真1303-08 写真1303-09

上塗りの2回目を塗装して仕上がりです。

写真1303-10

しっかりと乾燥させた後にもう一度、縁切りを確認します。

塗り替えは1級塗装技能士の店!!ヌリヨネ塗装サービスにお任せ下さい。

コメント

非公開コメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

代表の米澤

Author:代表の米澤
1級塗装技能士/雨漏り診断士

ヌリヨネ塗装サービス
東京都小平市を拠点に近県の
工事をお受け致します。


ヌリヨネHPへ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR