小平市A様邸4

昨日は立秋、暦の上では秋になりました。

とはいえまだまだ暑い日が続きますので、熱中症にならぬよう水分や塩分の補給に気を配りながら頑張らねばなりません。

さて、A様邸の作業は外壁塗装に入りました。
この度の仕様も下塗りを砂骨ローラーで塗布する工法です。

写真1408-10

普通のローラーで塗った時と比べて下塗り材(微弾性フィラー)を倍以上塗布することが出来ますので、既存下地の劣化が進んでいる場合やひび割れが多い壁にはお勧めです。

下塗り材1缶当たり約15㎡が標準的な塗布量になります。普通のローラーですと1缶で30~60㎡位の塗布量になります。
また新しく波型の模様が付きますので下地補修の跡も目立ちにくくなります。


下塗りが終了しましたらしっかりと乾燥させ、次は上塗りの1回目です。

写真1408-11

上塗りは同じ材料を2回塗ります。
工程管理のため上塗りの1回目と2回目で違う色を塗る場合もありますが、本来は同じ色を2回塗る方が美しい仕上がりを得られます。

相談・お見積りは無料!ヌリヨネ塗装サービスにお気軽にご連絡下さい。

コメント

非公開コメント

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

代表の米澤

Author:代表の米澤
1級塗装技能士/雨漏り診断士

ヌリヨネ塗装サービス
東京都小平市を拠点に近県の
工事をお受け致します。


ヌリヨネHPへ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR