所沢市T様邸7

屋根塗装についてお話しようと思っていたら天気が悪くなり作業が一時中止になっておりましたが、ようやく昨日、屋根が乾いたので塗装作業を再開しました。

屋根の金属部分にプライマー(錆止め)を塗布しましたら、次は屋根材へのシーラー塗布作業になります。


写真1411-01

シーラーも遮熱専用の白に近い淡い色をしたものを使用します。


写真1411-02

T様邸は早めのメンテナンスですのでシーラーは1度塗りですが、屋根材の傷みが激しいお宅の場合は、シーラーを2回以上塗り屋根材を強化しないといけない事もあります。


写真1411-03

シーラーが乾いたら屋根の縁切り部材タスペーサーの挿入です。

薄型スレート屋根の塗り替えの際に屋根材の重なり部分が塗料で塞がれ密着してしまうと、屋根材の裏側に入った水が排出されなくなり、雨漏りや下地材を腐食させる等の不具合が起こってしまいます。

屋根材の通気性を確保するためにはタスペーサーの挿入は必須と考えています。

相談・お見積りは無料!ヌリヨネ塗装サービスにお気軽にご連絡下さい。

コメント

非公開コメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

代表の米澤

Author:代表の米澤
1級塗装技能士/雨漏り診断士

ヌリヨネ塗装サービス
東京都小平市を拠点に近県の
工事をお受け致します。


ヌリヨネHPへ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR