小平市K様邸6

今日は 屋根塗装 の話をします。

多くの人にとって、普段はよそ様の屋根の上を見ることなどあまりないことだと思いますが、私達はお客様の屋根の上に登り作業することがあるのでご近隣様の屋根も目に入ってくることがあります。
以前の現場での話ですが、時々、塗膜の剥がれや吸い込みムラの様な跡がある屋根を見る事があります。
これは洗浄不足によって起こる不具合 の可能性が考えられます。

屋根塗装でまず重要になる工程は高圧洗浄作業です。高圧の水流で剥がれやムラの原因となる旧塗膜や汚れ、藻などをしっかりと洗い落してから塗装作業に入らなくてはなりません。

洗浄後、1日以上は乾燥させます。


写真1510-15

塗装工程に入りましたらまずは屋根の金属部分(棟板金、谷板金、螻羽、唐草、雪止め、雨押え、など様々部位)に金属プライマーを塗布する作業を行ないます。そしてスレート屋根に下塗り(シーラーもしくはプライマー)を施工していきます。

遮熱塗料による塗り替えでは多くの場合、シーラーや金属プライマーは赤外線の反射率を高めるために白に近い薄い色をした遮熱専用のものを使います。


写真1510-16

シーラーが乾燥したら屋根の縁切り部材タスペーサーの挿入です。
雨漏り防止としてタスペーサーによるスレート屋根の縁切りはとても有効だと考えています。


写真1510-17

そして上塗り材の2回塗りで仕上げていきますが、この工程間にも再度縁切りを確認しておくようにしています。
(タスペーサーを挿入していても塗料で屋根材の重なり部分が塞がれてしまうことがあります)


写真1510-18

施工前
この様な状況でした。


写真1510-19

施工後
綺麗に仕上がりました。

屋根塗装に関しまして他にも気を付けていることや注意点がありますが、長くなってしまいますので別の機会にお話ししたいと思います。

塗り替えは1級塗装技能士の店!!ヌリヨネ塗装サービスにお任せ下さい。

コメント

非公開コメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

代表の米澤

Author:代表の米澤
1級塗装技能士/雨漏り診断士

ヌリヨネ塗装サービス
東京都小平市を拠点に近県の
工事をお受け致します。


ヌリヨネHPへ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR