国立市U様邸6

屋根塗装の続きをお話します。

屋根材の劣化が進んでしまっている時はシーラーを2回塗りします。
状況によりますが築12年以上になりますとシーラーの2回塗りが必要になってきます。


写真1606-09

まずは浸透力の高い透明なシーラーを塗布します。


写真1606-10

塗ったばかりの時は濡れ色になりますが、すぐに吸い込まれてしまい、乾くと塗る前のようにパサパサした感じになり表面にあまりシーラー成分が残っていない事が分かるかと思います。


写真1606-11

2回目のシーラーは遮熱用の白色のシーラーです。
下地に一層透明シーラーを塗布したことで屋根材を白色に被せる事が出来ました。


写真1606-12

シーラーが乾きましたら屋根の縁切り部材タスペーサーの挿入です。
何度も書いてきたことですが、薄型スレート瓦の塗り替えにタスペーサーの挿入は必須の工程だと考えています。


写真1606-13

そして上塗り、1回目の塗布作業となります。

今週は天気に恵まれ、絶好の屋根塗装日和でした。

塗り替えは1級塗装技能士の店!!ヌリヨネ塗装サービスにお任せ下さい。

コメント

屋根塗装4回塗りの3回まで終わりました。3日間かけての作業でしたので、乾燥時間も充分取れており、安心です。タスペーサーはW工法で、きっちり挿入されいます。これで湿気・雨漏りの対策もできました。
それにしても、屋根の傾斜がキツイですね。ご苦労さまです。

コメントありがとうございます

コメントありがとうございます。
屋根塗装に関しましては予定通りに進める事が出来ました。

> それにしても、屋根の傾斜がキツイですね。ご苦労さまです。

屋根足場の必要性をご理解いただき、設置致しましたので、安心して作業を進める事が出来ております。
ありがとうございました。
非公開コメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

代表の米澤

Author:代表の米澤
1級塗装技能士/雨漏り診断士

ヌリヨネ塗装サービス
東京都小平市を拠点に近県の
工事をお受け致します。


ヌリヨネHPへ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR