国立市U様邸9

今日は梅雨らしい雨  の一日となりました。
当然、現場作業は中止となりましたが、今日は先週の作業を少しUPしたいと思います。

まずは上塗り1回目まで終了していた屋根塗装についてです。

タスペーサーの挿入でスレート瓦どうしの重なりに隙間を作ってありますが、塗装するとどうしても塗料でくっついてしまう箇所が出来てしまいます。


写真1606-21

そこで最終的な仕上げ工程(上塗り2回目)に入る前もう一度縁切りを行ないます。


写真1606-22

写真1606-23

縁切りを行なった後はなるべく瓦の隙間に塗料が入り込まないように注意しながら刷毛とローラーで仕上げの塗装を行ないます。


写真1606-24

洗浄後にパサパサになっていた屋根が・・・


写真1606-25

浸透性シーラー、遮熱専用シーラー、上塗り1回目、2回目の計4回塗り
こんなにも綺麗に生まれ変わりました。

塗り替えは1級塗装技能士の店!!ヌリヨネ塗装サービスにお任せ下さい。

コメント

屋根の色、before ⇒ after が歴然ですね。まさに生まれ変わりました。
不思議なのですが、屋根足場の支えの部分は
どうやって塗っているのでしょうか。

コメントありがとうございます

コメントありがとうございます
屋根は築年数から考えまして最低でも4回塗りは必要だと判断しました。
しっかりと高圧洗浄で汚れや苔、劣化した表面を洗い流し、たっぷりとシーラーを吸い込ませ弱っている基材を固めます。
その後に遮熱用のシーラー、上塗り材の2回塗りと工程を重ねましたので塗膜の性能が十分発揮されると思います。


> 不思議なのですが、屋根足場の支えの部分はどうやって塗っているのでしょうか。

支えの部分はジャッキになっておりますので洗浄の際は一箇所ずつ一旦持ち上げてから洗い、そして戻す作業を行ないます。
その後は支えの上下または左右いずれかの場所を先に仕上げ、仕上げた場所が傷つかないよう布などをあててジャッキを移動し全体を塗装していきます。
イメージ出来ましたでしょうか?
非公開コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

代表の米澤

Author:代表の米澤
1級塗装技能士/雨漏り診断士

ヌリヨネ塗装サービス
東京都小平市を拠点に近県の
工事をお受け致します。


ヌリヨネHPへ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR