新商品サンプル

商品のお試しサンプルが届きました。
写真1810-01
塗装の仕事で大切な工程にビニール養生があります。

例えばお家の外壁を塗る場合、塗料を付けて汚してはいけない物、窓サッシや換気口等の付属物そして床等をビニールシートで覆います。
このビニール養生の工程で用途に合わせて様々な種類のビニールシートと様々な種類のテープを使います。
写真1810-02

ビニールシートを止めたり、塗る箇所と塗らない箇所を見切ったりするめに貼るテープを
マスキングテープと呼びます。

このマスキングテープは本当に色々な種類があり、質感弾力性直線性粘着力等々の違いを用途や貼り付ける場所、貼っておく時間等を考慮して選択し使い分けることになります。

写真1810-03
例えばシーリングを打ち込む時、平らなサッシ枠と凸凹のあるサイディング面とでテープを使い分けています。
右と左で青と緑のテープを使い分けているのが分かると思います。

マスキングテープは貼ったままで時間を置いてしまうと糊が残りやすいという問題があります。
糊が残りにくいと粘着力が弱くなり、粘着力が強いと糊が残るという矛盾を抱えながら、
何かいいものはないかと使う側(塗装屋)は思うのです。

そしてメーカーさんはその声を形にして新商品を作ってくれます。

少し前から糊残りが少なく塗料の見切りが良い「ルパン」という商品を使っています。
使った感じは確かに糊残りが少ないという印象はあります。
ただ手切れが悪く使いにくいというのが本音でした。

もう少しきれいに切れるようになるといいなと思っていたところ、切れやすさを改良した商品が出来たとの話を耳にしたので、早速サンプルを送ってもらえるよう申し込み、その商品が届いたというお話です。


見てみるとテープの表面にコーティングが施されていて、以前のものと比べて手切れ、見切りともに良くなっていそうな予感がします。

テープを引き出してピッ!

なるほど、確かに切れ味が改良されていました。

写真1810-04
ピンク色の方が新商品、紫色の方が以前の商品です。
手早く切った時の状態が明らかに違うのが分かると思います。

次は実際に現場で使い勝手を試してみたいと思います。
ヌリヨネ塗装サービスの定番になってくれることを期待します。

住まいの塗り替えをお考えなら!ヌリヨネ塗装サービスにお気軽にご連絡下さい。

コメント

非公開コメント

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

代表の米澤

Author:代表の米澤
1級塗装技能士/雨漏り診断士

ヌリヨネ塗装サービス
東京都小平市を拠点に近県の
工事をお受け致します。


ヌリヨネHPへ

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR