2月の雨漏り現場から

日で2月が終わり、明日からは3月です。
写真1902-05
自分でも本当に「どうして!?」と思うくらい月日がアッと言う間に過ぎてしまいます。

桜が咲く のも、もうすぐです。

さて、前回ご紹介した雨漏り110番コラムリレー(雨漏り診断士が更新するブログ|雨漏り110番)その後は岩手店、東大阪中央店、千葉店、静岡店、南大阪店、相模原店、寝屋川店、飯田店と襷(たすき)はしっかり繋がっています。

各店とも自身が経験した雨漏り事例をもとに、雨漏りに係わる多くの方達に是非とも知っていただきたい事柄をそれぞれの文章で語っております。どれもとても読み応えのある記事ですので、雨漏りでお困りの方はもちろん、雨漏りに携わっている方々にお読みいただきたいと思います。

前回もお知らせしたことではございますが、改めてもう一度ここでご紹介させていただきました。

今月もヌリヨネ塗装サービスは雨漏り110番小平店として本部の仕事を請負い、忙しく駆け抜けたひと月となりました。もともと2月は日数が少ないこともありますが、冒頭にも書きましたようにアッと言う間に感じます。
写真1902-06
今施工中の現場は外壁からの雨漏りの修理です。

この度も「外壁を斫(はつ)ってみたら…… 酷かった!」といったようなビックリする雨漏りでした。
外観からは想像出来ないほど壁の中では深刻な事態になっているということがよくあります。シロアリの被害がなかったことは幸いですが、柱の一部はボロボロになっていました。

また、改築(もしくは新築時の仕様変更)されたと思われる出窓の上部は2次防水が切断されたままで防水紙の連続性が保たれていませんでした。

過去には塗り替えも行っています。塗装工事を施工した業者さんはこの雨漏りを知っていたのか、知らずにいたのか、特に対策を行った形跡は感じられません。
塗装工事だけでは雨漏りは直らないということを広く知っていただきたいと強く願います。

もし雨漏りでお困りの方がこのブログをお読みになりましたら「雨漏りは簡単には直らない」ということを覚えておいて下さい。雨漏りを直すには残念ながら時間もお金も掛かるということを知って下さい。
その上で雨漏り修理を依頼する施工業者を探すならば、雨漏りに関する問い合わせを無意味なリフォーム工事の受注につなげようとする悪質なリフォーム業者に引っかかることなく、結果的に時間とお金の節約になります。

私達の出来ることは僅かです。それでも少しでも皆様の役に立てるよう努力を続けていきたいと思います。

雨漏りかなぁ?と思ったら! 雨漏り110番小平店=ヌリヨネ塗装サービスにご連絡下さい。

コメント

非公開コメント

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

代表の米澤

Author:代表の米澤
1級塗装技能士/雨漏り診断士

ヌリヨネ塗装サービス
東京都小平市を拠点に近県の
工事をお受け致します。


ヌリヨネHPへ

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR