濡れ縁工事

先月、玄関扉の塗装工事でお世話になりましたS様より「濡れ縁を作り直して貰えないか」と
追加のご依頼を頂いておりました。
昨日と今日はS様邸にお伺いし濡れ縁の制作及び塗装工事を行いました。


写真1208-1 写真1208-2

まずは傷んだ既存の濡れ縁を撤去します。


写真1208-3 写真1208-4

次に部材を寸法通りにカットし、塗装します。
組み立ててからでは塗れなくなってしまう箇所がありますので、この段階で2回塗りを行います。
今回は木目を生かしての仕上げにするためにオイルステインで施工しました。

濡れ縁は名前の通り雨ざらしになってしまう場所なので、木材も水に強い材料を選ぶ必要が
あります。
土台の水平を何度も調整し、ある程度塗料が乾いてきたところで組立てます。
ビスや釘も錆びにくい材料のものを選んで施工します。

写真1208-5

最後に表面に見えてくる箇所にもう一度オイルステインを塗布しました。
乾燥期間(24時間以上)を取った後、ウエスで全体を拭き上げて完了です。

ヌリヨネ塗装サービスは、お家の気になる所の部分的な施工も喜んでお引き受けいたします。
お気軽にお問い合わせ下さい。

コメント

素晴らしい

ありがとうございます

コメントを頂きまして、ありがとうございます。
お客様のお役にたてる工事を目指して努力を続けます。
これからも当ブログをよろしくお願いします。
非公開コメント

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

代表の米澤

Author:代表の米澤
1級塗装技能士/雨漏り診断士

ヌリヨネ塗装サービス
東京都小平市を拠点に近県の
工事をお受け致します。


ヌリヨネHPへ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR