立川市K様邸8

雨予報が変わり、晴れの日が続いたので予定通り屋根の塗装工事を行いました。

写真1209-44 写真1209-45
屋根の塗装工事ではまず棟板金の浮いている釘を締め直し、ペーパー掛けを行った後に


写真1209-46 写真1209-47
錆止め塗料を塗布する事から始めます。     雪止め金物にも錆止めを塗布します。

錆止めの塗布作業は各所の錆止めを行った際に終了させておいたので、今日はシーラーという接着剤の役目をする下塗り塗料の塗布作業から始めました。
屋根材の傷み具合によっては吸い込みが激しく、1回塗りでは収まらない事があります。
今回も吸い込みが激しかった箇所には部分的に2回目を塗布しました。

写真1209-48 写真1209-49
シーラー塗布状況                  屋根材の隙間に縁切り部材を挿入します。

屋根塗装を行う際の注意点として縁切り作業というものがあります。屋根の縁切りが不十分ですと雨漏りの原因になってしまう事があります。


写真1209-50
その後に中塗り(上塗り1回目)を行いました。

雨が降る可能性がある場合や夜露で屋根が濡れてしまう可能性がある季節では、一日で中塗り作業まで終わらせておく必要があります。
中塗り作業まで終わらせておく事で屋根材が直接、雨(水分)を吸い込んでしまう事を防ぐ事が出来るからです。


写真1209-51

壁と屋根の色彩の取り合わせがすっきりとして美しい配色となりました。
仕上がりが楽しみです。

相談・お見積りは無料!ヌリヨネ塗装サービスにお気軽にご連絡下さい。

コメント

非公開コメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

代表の米澤

Author:代表の米澤
1級塗装技能士/雨漏り診断士

ヌリヨネ塗装サービス
東京都小平市を拠点に近県の
工事をお受け致します。


ヌリヨネHPへ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR